スポンサー・講演のお問い合わせ

TEL:0235-24-315

自分の道は、
   自分で切り開く。
もっと自由に、
   もっと遠くへ。
はてしなき遠泳への挑戦。

五十嵐憲からのお知らせ

2022.05.23
山形県の冒険家 五十嵐憲 111㌔自己最長に挑戦へ

遠泳による海峡横断などに挑戦している鶴岡市の五十嵐憲さんが2007年、沖縄県與邦国島→台湾間111㌔の遠泳にチャレンジする

これまでの自己最長記録に挑む計画で、「これまでの集大成、最後の総仕上げという気持ちで泳ぐ」と意気込みを語っている。

詳細はこちら≫
2022.03.08
冒険家五十嵐憲 定めた目標追い求め、遠泳で子供たちに夢を。

水泳選手は体が引き締まった筋肉質でスリムな体系を連想するが、鶴岡市の五十嵐憲は、ややぽっちゃりタイプ。

なぜそれほどまでにとの思いがするが、五十嵐の遠泳への挑戦は「もっと遠くへ」をライフワークに泳ぎ切ることで子どもたちに希望と勇気を与えたかった。

平成13年の間宮海峡横断時は当時の小泉純一郎首相から「久しぶりに勇気づけられるニュースだった。困難を乗り越えての成功をうれしく思う」との祝福のメールが届いた。

荘内日報 2月11日)

詳細はこちら≫
2022.02.15
「自分にとっては通過点」山形県のスポーツ冒険家五十嵐憲さん

山形県鶴岡市のスポーツ冒険家五十嵐憲さん。ロシアとサハリンを隔てる間宮海峡約28キロを初めて、約11時間半かけて泳ぎ切った。アムール川の真水が流れ込んで体が浮かず、赤褐色の土砂が混じって視界はゼロ。両足がつるなど悪条件が重なる中での成功だった。

「海はいつでも挑戦を受けてくれる。泳いでいるときはまるで魚になった気分。挑戦する勇気を持つ大切さを子供たちにもわかってほしい」

(京都新聞 平成13年8月30日)

詳細はこちら≫
2022.05.23
山形県の冒険家 五十嵐憲 111㌔自己最長に挑戦へ

遠泳による海峡横断などに挑戦している鶴岡市の五十嵐憲さんが2007年、沖縄県與邦国島→台湾間111㌔の遠泳にチャレンジする

これまでの自己最長記録に挑む計画で、「これまでの集大成、最後の総仕上げという気持ちで泳ぐ」と意気込みを語っている。

詳細はこちら≫

ご挨拶

今から何十年も前のある日に、友人とちょっとした賭けをしました。
「地元の漁港から1.2km先の島まで泳いで渡ったら寿司を奢る」と言われたのが、私が今 日までの遠泳を始めるきっかけになったのです。その時の戦利品の寿司もおいしかったが 、それ以上に沖合いの海の美しさ、泳いでいるときの自然との一体感に心底感動し、私の 心を強烈に動かしたのです。そしてそれから、1999年に津軽海峡の横断に日本人としては 初めて成功し、2000年にはドーバー海峡横断に日本人では9人目として成功しました。そ の後、2001年間宮海峡、2002年宗谷海峡、2003年対馬海峡西水道横断、2004年バイカル 湖に、それぞれ世界初となる単独遠泳横断に成功したのです。
これからも体の続く限り世界の海峡横断に挑戦してゆきたいと思っております。
五十嵐憲の冒険への変わらぬご支援を賜ることが叶いましたら幸甚に存じます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

五十嵐憲 記

プロフィール

五十嵐 憲

Ikarashi Ken

・昭和27年9月17日 
山形県鶴岡市生まれ。鶴岡市日枝在住

・山形県立庄内農業高等学校

・山形県鶴岡市役所 退職

中学時代は水泳部、高校時代はウェイトリフティング部で活躍。
1989年より遠泳を始め、1991年に鶴岡市由良海岸から同市湯の浜海岸までの約10kmを4時間38分で泳ぎきった。
以降、1994年に酒田市飛島一周12kmを4時間26分、1995年に飛島~遊佐町吹浦までの30kmを14時間10分でいずれも成功させている。その後は遠泳の舞台を県外や海外へと移し数々の偉業を成し遂げている。 しかも、そのすべてが“単独遠泳横断”である。

遠泳以外の主な活動

遠泳指導

鶴岡市立三瀬小学校

講演・講話

加茂小学校、朝暘第1小学校、酒田市立第2中学校、長井南中学校、庄内農業高校OB会、山形銀行(庄内地区会)、JA田川(青年部)、櫛引町役場、庄内農業高校専攻科、鶴岡警察署、商工中金酒田支店、鶴岡東ロータリークラブ、鶴岡市第三コミセン、第五コミセン、堅苔沢コミセン、損保代理店協会鶴岡支部。

五十嵐憲の冒険

1999年 津軽海峡横断(日本人初)

北海道白神岬~青森県竜飛岬間の「津軽海峡」30kmを11時間30分で横断成功。

2000年 ドーバー海峡横断

イギリス~フランス間の「ドーバー海峡」36kmを16時間42分で横断成功。日本人9人目の偉業を成し遂げた。

2001年 間宮海峡横断(世界初)

ロシア大陸~サハリン間の「間宮海峡」28kmを11時間29分で横断成功。

2002年 宗谷海峡横断(世界初)

北海道稚内市~サハリン間の「宗谷海峡」43kmを20時間1分で横断成功。途中潮流に向かって泳ぐ場面もあって予想外の苦戦をしいられた。

2003年 対馬海峡西水道横断(世界初)

長崎県対馬~韓国釜山間の「対馬海峡西水道」47kmを三日間かけて横断成功。日々変化する潮の流れと波の大きさに翻弄された。

2004年 バイカル湖横断(世界初)

世界一の透明度と深さを誇るロシアの「バイカル湖」30kmを15時間45分で横断成功。終始10℃前後の大変厳しいチャレンジだった。

五十嵐憲の活躍

冒険写真ギャラリー

日本人冒険家の紹介|山形県鶴岡市在住のスポーツ冒険家・五十嵐憲オフィシャルサイト|五十嵐憲は、世界初間宮海峡を泳いで横断!世界初宗谷海峡横断!日本人で9人目のドーバー海峡横断成功!日本人初津軽海峡横断!の偉業を持つ泳ぐ冒険家として活躍中。冒険写真01
日本人冒険家の紹介|山形県鶴岡市在住のスポーツ冒険家・五十嵐憲オフィシャルサイト|五十嵐憲は、世界初間宮海峡を泳いで横断!世界初宗谷海峡横断!日本人で9人目のドーバー海峡横断成功!日本人初津軽海峡横断!の偉業を持つ泳ぐ冒険家として活躍中。冒険写真02
日本人冒険家の紹介|山形県鶴岡市在住のスポーツ冒険家・五十嵐憲オフィシャルサイト|五十嵐憲は、世界初間宮海峡を泳いで横断!世界初宗谷海峡横断!日本人で9人目のドーバー海峡横断成功!日本人初津軽海峡横断!の偉業を持つ泳ぐ冒険家として活躍中。冒険写真03
日本人冒険家の紹介|山形県鶴岡市在住のスポーツ冒険家・五十嵐憲オフィシャルサイト|五十嵐憲は、世界初間宮海峡を泳いで横断!世界初宗谷海峡横断!日本人で9人目のドーバー海峡横断成功!日本人初津軽海峡横断!の偉業を持つ泳ぐ冒険家として活躍中。冒険写真04
日本人冒険家の紹介|山形県鶴岡市在住のスポーツ冒険家・五十嵐憲オフィシャルサイト|五十嵐憲は、世界初間宮海峡を泳いで横断!世界初宗谷海峡横断!日本人で9人目のドーバー海峡横断成功!日本人初津軽海峡横断!の偉業を持つ泳ぐ冒険家として活躍中。冒険写真05
日本人冒険家の紹介|山形県鶴岡市在住のスポーツ冒険家・五十嵐憲オフィシャルサイト|五十嵐憲は、世界初間宮海峡を泳いで横断!世界初宗谷海峡横断!日本人で9人目のドーバー海峡横断成功!日本人初津軽海峡横断!の偉業を持つ泳ぐ冒険家として活躍中。冒険写真06
日本人冒険家の紹介|山形県鶴岡市在住のスポーツ冒険家・五十嵐憲オフィシャルサイト|五十嵐憲は、世界初間宮海峡を泳いで横断!世界初宗谷海峡横断!日本人で9人目のドーバー海峡横断成功!日本人初津軽海峡横断!の偉業を持つ泳ぐ冒険家として活躍中。冒険写真07
日本人冒険家の紹介|山形県鶴岡市在住のスポーツ冒険家・五十嵐憲オフィシャルサイト|五十嵐憲は、世界初間宮海峡を泳いで横断!世界初宗谷海峡横断!日本人で9人目のドーバー海峡横断成功!日本人初津軽海峡横断!の偉業を持つ泳ぐ冒険家として活躍中。冒険写真08
日本人冒険家の紹介|山形県鶴岡市在住のスポーツ冒険家・五十嵐憲オフィシャルサイト|五十嵐憲は、世界初間宮海峡を泳いで横断!世界初宗谷海峡横断!日本人で9人目のドーバー海峡横断成功!日本人初津軽海峡横断!の偉業を持つ泳ぐ冒険家として活躍中。冒険写真09
日本人冒険家の紹介|山形県鶴岡市在住のスポーツ冒険家・五十嵐憲オフィシャルサイト|五十嵐憲は、世界初間宮海峡を泳いで横断!世界初宗谷海峡横断!日本人で9人目のドーバー海峡横断成功!日本人初津軽海峡横断!の偉業を持つ泳ぐ冒険家として活躍中。冒険写真10

五十嵐憲の軌跡

掲載新聞記事アーカイブ

電話でのお問合せ

講演や取材、スポンサーのお問い合わせは、
下記の電話番号までお願いいたします。

五十嵐憲後援会事務局0235-24-3151
五十嵐憲 直通090-6689-7434